*チーズ大福*フロマージュブランとは?羽二重餅とは?豆知識あり!【ローソン】(2016年5月10日新発売)

チーズ大福

 

「チーズ大福」を食べた感想

とにかく柔らかく、食べづらいです

羽二重粉を使ったもち生地なのですが、柔らかすぎです(笑)

また、粉を振ってあるのに、袋や手、あちこちにくっつきます。

でも味は美味しいんですよ!

中のチーズクリームは、フロマージュブランと、クリームチーズの2種類のフレッシュチーズと、純生クリームを使ってあるので、チーズが苦手の方でも食べられると思います。

食感はふわっと軽く、爽やかです。

フレッシュチーズなので、それほどチーズの独特の酸味や臭みもなく、あっさりといただけます。

柔らかい羽二重餅とチーズクリームが、口の中でとろけます

これは美味しい!

でもやっぱりもち生地が柔らかすぎて食べづらいのが残念な点。

ちゃんとした食べ方ではないと思いますが、少し冷凍庫でシャリっとするまで凍らすと食べやすいかも知れないと思いました。

でも味はとっても美味しかったです!

ごちそうさまでした!

羽二重餅とは!?

*今回の豆知識*

羽二重餅(はぶたえもち)とは、お米を粉状にしたものに砂糖と水あめを加えて作る、羽二重のようにきめが細かく柔らかい、福井県の名産の和菓子です。

 

羽二重とは、撚り(より、ねじる、細い生糸を束にして、ねじって一本の糸にする)のない糸を使った平織り(経糸と緯糸を交互に折る最も単純な織り方で、また丈夫で簡単なので広く応用されている織り方)の、高級絹織物のことで、和服の裏地や礼服に使われています。

特に有名なのが、福井県の羽二重織りで、極上の肌触りと、上品な光沢、つやがあり、ふわりと柔らかいのが特徴です。

 

名産の羽二重を彷彿とさせる和菓子として、福井県のお菓子屋さんが作ったのが羽二重餅です。

福井県のお菓子屋さんオススメの食べ方は、製造日の翌日からの数日間で、常温で食べるのが一番美味しいそうですよ!

開封して一日で食べ切れない場合は、冷蔵するより冷凍する方が良いそうです。

 

以上、今回の豆知識でした!

フロマージュブランの豆知識は「レモンとフロマージュブランのロールケーキ」にありますので、参考にして下さい。

 

成分表

〈名称〉 和生菓子

〈原材料名〉 乳製品、もち粉、糖類(砂糖、オリゴ糖)、植物油脂、ゼラチン、還元麦芽糖水飴、乳蛋白、トレハロース、グリシン、糊料(増粘多糖類)、乳化剤、pH調整剤、酵素、加工澱粉、(原材料の一部に卵、大豆を含む)

〈製造者〉 コスモフーズ株式会社

〈カロリー〉 134kcal

〈たんぱく質〉 2.1g

〈脂質〉 4.2g

〈炭水化物〉 22.0g

〈ナトリウム〉 28mg

PAGE 1 PAGE 2

にほんブログ村

人気ブログランキング

ランキングに参加中です。
美味しそうだと思ったら バナークリックお願いします♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す